コンテンツへスキップ
Please fully evaluate the product before purchasing.

ご購入前に。

旧式の織り機で作られたデニム生地ならではの、例えば1反1反(織り機で織られる1ロール)それぞれに風合いが異なるものとなります。

例えばネップの生地でいうと、その都度白いネップの量などが変わってくることもあり、逆にこれが市販にはない生地である証でもあります。

旧式の織機で織られたデニム生地ならではの織りムラがあることや生地感などに個体差があること、また色落ち等につきましては本物のインディゴ染めでしか出ない風合いがあり、インディゴならではのものと十分にご理解された上でご購入のご検討をお願いいたします。

旧式のシャトル織機で作られたいわゆるビンテージデニム(通称赤耳デニム)は、高級感も違い、一目で良い生地だと分かります(#^.^#)

About Indogo Denim

ViV LiBで使用している
デニム生地について

ViV LiBで使用しているデニム生地は、すべてインディゴ染めのデニムになります。

作品で使用している生地は井原産のデニムになります。
日本で織られるデニム生地の多くは、「井原」で生産されています。

デニムといえばインディゴの先染め糸を使用した綾織物。
色落ちによる表情の変化を楽しむのがデニムの醍醐味と考え、こだわりを持ってインディゴ染めのデニムのみの使用としております。

最近よく見かける色落ちしにくい反応染め染料で染めて織られたデニムとは違い、本物のインディゴ染めのため、色落ちもございます。

vivlib_denimroll
Simple instruction manual

お手入れについて

・インディゴ染料の特性上、汗や摩擦により淡色物の衣類、ベルトやバッグ等に色移りしますのでご注意下さい。
初めて使われる際は、白のTシャツやパンツはお避けください。
またベルトなども避けたほうが安心です。
また念のため中に入れるものも心配なものは始めはビニールなどに入れておくと安心です。

・濡れたまま放置すると他の物に色移りしますので濡れた際は形を整えてすぐに干してください。

・強い日光(又は照明)を長時間受けますと色が変色する恐れがあります。保管の際はご注意ください。

基本的にはこちらの商品は色落ち、型崩れなどを考え可能な限り洗わないのが一番良いのですが万が一汚れがついた場合などは以下の方法で洗われるのがお勧めです。

・お湯は色落ちが激しいので使わず、真水を使うこと

・部分的に洗うとその部分のみ色落ちしてしまうので全体的に洗うこと、また裏返してネットに入れて手洗いすること

・その際は水は少なめに手短に

・できれば洗剤は使わないのが一番(水洗い)、もし使う場合はデニム専用洗剤が一番ですが、面倒であればアクロンなどの中性洗剤で。

・干すときは室内陰干しに

以上になります。何かあった時などに少しでもお役に立てれば幸いです。